FC2ブログ

ムフフ哲学

エロゲを肴にエロゲを飲むブログ。今から始める萌エロ生活。
ムフフ哲学 TOP  >  な行  >  新妻エミィのスラム脱出物語 >  「新妻エミィのスラム脱出物語」

「新妻エミィのスラム脱出物語」

新妻エミィのスラム脱出物語
「新妻エミィのスラム脱出物語」の感想です。
ゲーム内容

ジャンル
着衣、女性視点、女主人公、中出し、人妻、巨乳/爆乳

2018y12m02d_231003870.jpg
まだ夫オスカーともセックスをできていない処女の新妻エミィが、山賊に売り飛ばされたスラムの娼館から脱出するゲーム。
ジャンルはRPGとされているが戦闘はなく、どちらかといえば探索系アドベンチャー。

主人公であるエミィと夫のオスカー、夫の呼び方はそれぞれゲーム開始時に変更可能。
操作方法
【方向キー】移動
【Z】決定
【X】キャンセル
【ctrl】メッセージ早送り
【Esc】メッセージウィンドウ消去

ゲームの流れ

2018y12m02d_231039688.jpg
娼館に売り飛ばされたエミィは初体験もまだなのに、クリトリスに淫乱になる注射を打ち込まれてしまう。
その薬には
「体力を使うとオナニーしたくなる」
という副作用もあった。

このままでは一生娼館で働かされてしまう。
愛する夫の元へ戻るため、エミィはスラムからの脱出を試みる。
2018y12m04d_105940165.jpg
体力の消耗
スラム街にある様々な物や仕掛けを使って脱出を試みるが、そのほとんどの行動で体力を消耗する。
無理して体力を全部消耗してしまうとエミィは倒れてしまい、娼館部屋へと連れ戻されてしまうので注意。
2018y12m04d_110026416.jpg
オナニーで体力回復
目立たない場所(マップ上にあるハートマーク)でオナニーをすると体力が回復できる(アイテムでも回復可能)。
結構場所は多いので回復自体は簡単にできる。
大抵は人目に付かない場所なので安全だが、たまにその場面を目撃されてしまい性処理に利用されてしまう事も……。
2018y12m04d_110114283.jpg
意外と紳士揃い?
女と見れば見境なしに襲って来るのかと思いきや、どの男達も順序をわきまえているようで、
「女だ! ヒャッハー!」
って感じで即ハメではなく、最初はエミィをオカズにオナニー程度から始まり、
・手コキ
・フェラ
・パイズリ

と、男たちと会うごとに要求がエスカレートしていくというかたち。
スラムに巣食う猛者どもとは思えない紳士っぷりである。
2018y12m05d_111427116.jpg
男たちとの進行度
メニュー画面ではそれぞれの男たちとのH進行度の確認やH行為の回数、エミィの現状などの確認ができる。
Hシーンを回収したい場合の参考に便利。
Hシーン
2018y12m04d_150523171.jpg
様々な衣装やシチュエーションで餌食となるエミィ。
2018y12m04d_233751448.jpg
「初めての相手は夫」
と決めているエミィだが、行動選択をミスればそれは叶わぬ夢へと消え去ってしまう。
 
クリア後

2018y12m04d_234201052.jpg
エンディングを1度でも見れば、
・回想シーン
・自宅寝室で道具を使ったオナニー
・いつでも自宅とスラムを行き来できるワープ

が出現。
まだ見ていないHシーンやエンディングの回収が捗ります。
感想
今回1周クリアにかかった時間は1時間ちょっと。
もちろん全HシーンやEDを回収しようとすると結構な時間遊べそうです。

上手く進めれば処女のまま帰還できるエンディングも用意されているのはいいですね。
エロゲだから本当はHイベントをたくさん見たいのに、
「誰にもHさせるものか」
と、ついムキになってプレイしてしまいましたw

エミィを処女のまま脱出させるか
淫乱女へと堕とすか


それはプレイヤーであるあなた次第です。
関連商品

新妻エミィのスラム脱出物語

PEACH CAT:http://b.dlsite.net/RG16346/ DMM GAMES 遊び放題
[ 2018年12月08日 21:30 ] カテゴリ:新妻エミィのスラム脱出物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
広告リンク
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
Getchu.com アダルトTOP
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋
レトロエロゲはこちら
サブカテゴリ
カテゴリ
鬼父
黒獣
9-nine-
Mansion

スポンサードリンク
相互リンク募集中!
当ブログでは相互リンクしてくださる方を募集中です。 下のメールフォームよりご連絡下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: