FC2ブログ

ムフフ哲学

エロゲを肴にエロゲを飲むブログ。今から始める萌エロ生活。
ムフフ哲学 TOP  >  か行  >  火箭 ゆるすまぢ! >  「火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着」

「火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着」

2020y03m27d_185629294.jpg
「火箭 ゆるすまぢ! そしらぬ笑顔と汚れた下着」の感想です。
ゲーム内容

2020y03m29d_051943775.jpg
もし、あなたの恋人や妻のエロ画像をネットで見つけたら……?
今作はまさにそんな(他人にとっては)お宝画像を見つけてしまった男の物語である。

SNSに投稿されたエロ写真の女性に、
・コスプレ趣味
・お尻にあるホクロの位置
・体つき

と、妻との共通点を見つけた主人公。
その写真が過去のものか現在のものか。
妻に聞く勇気もなく日々悶々と過ごす中、探偵と名乗る男と出会う。
2020y03m30d_202402488.jpg
そしてある深夜に仕事から帰った彼女のバッグから出てきたのは濡れた下着。
もはや疑いが確信に変わった主人公は探偵に調査を依頼。
それ以降探偵から届く妻の浮気現場の写真の数々に、主人公の中で全てが愛おしかった妻が不快な存在へと変わっていく。
「妻には絶対に償わせてやる」
「僕を裏切ったことを、絶対に後悔させてやる」
「僕に吐いた嘘の数だけ謝罪させてやる」

元々優しくて性格がいい人だけに彼の心の変化も見ていて面白い(ゲス

ゲーム中にプレイヤーが介入できる部分は2ヶ所。
・妻を許せそうか許せなさそうか
・浮気写真の中から5枚を選択

これらの選択肢によってED後に描かれる妻のその後が変化。
そのどれもが彼女にとっては悲惨な結末でしかなく、主人公の復讐は遂げられたと言っていいだろう。

あとでも良かった妻視点

2020y03m30d_200006661.jpg
終盤からED手前までは妻視点でストーリーが進行。

彼女が仕事を始めたきっかけは旦那を想ってであり、今でも旦那を愛していることがわかる。
彼女が他の男に体を許しており、またその快楽に負けているのも事実だが、一方でこの引き返せない状況に彼女なりに苦しんでいる様子が伺える。

『浮気した妻への復讐』
という目的を主人公と共有してきたプレイヤーにとって、そんな妻の情報は復習をやり遂げたあと、または別ルートとして知った方が後腐れなくスカっとできたようにも思える。

まぁそういう事情を知ったからこそ萌えるという紳士もいらっしゃるだろうから、このあたりは好み(というより性癖か?)の問題。
感想
夫婦間の些細なすれ違い。
お互いに気を遣い過ぎて本音や心配を口に出せず問題を大きくしてしまったという典型的な問題。
第三者に頼るのではなく夫婦で問題と向き合っていれば、おそらくこの2人は幸せな家庭を築く事ができたはず。
もしかすると今回の浮気問題が発覚した後でも、双方で話し合えばやり直せた可能性すら感じる。

だが、主人公は妻の言い分を一切聞こうとしなかった。
結局最初から最後までこの夫婦に必要だったのは本音の会話ではなかったのだろうか。
そう思うととても悲しい物語である……。
と思うような人は、そもそもこのソフトを手に取らないだろう。

むしろ妻が本気で旦那を騙して男とヤりまくっているような下衆の方が復讐モノとしてはスッキリした気もするが、今作は主人公の立場から妻への復讐を楽しむというよりは、すれ違いによって幸せだった夫婦が少しずつズレていく様を楽しむという遊び方が正しい。

つまりプレイヤーが下衆な方が向いている物語ではなかろうか。
その気持ちを持てば妻の結末も大変興奮させてくれるものばかりである。
関連リンク
・「Hending」公式サイト
・「夫の居ぬ間に・・・」
・「僕に抱かれ喘ぐ妻は、他の男に抱かれた話を紡ぐ」
・「母性カノジョ -子宮 帰還編-」
・「新妻エミィのスラム脱出物語」
・「妹快楽堕ち」
関連商品

DMM GAMES 遊び放題
[ 2020年03月30日 20:50 ] カテゴリ:火箭 ゆるすまぢ! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

検索フォーム
広告リンク
ダイレクト特集ページ用バナー(ダウンロード版)
Getchu.com アダルトTOP
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
新品/中古アダルトPCゲーム販売 通販ショップの駿河屋
サブカテゴリ
魔王の娘と外道勇者
『魔王の娘と外道勇者~紅の瞳と白き淫濁~』応援バナー
カテゴリ
鬼父
黒獣
9-nine-
Mansion

スポンサードリンク
にじよめ - 二元美少女専門ブラウザゲーム&ソーシャルゲーム
相互リンク募集中!
当ブログでは相互リンクしてくださる方を募集中です。 下のメールフォームよりご連絡下さい。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: